今現在住んでいる賃貸は眺めがとても良いです

賃貸物件の住まいの困っている点について

賃貸住宅の住まいの困っている点について、加齢になってくると周りの道路が坂道が多くて自転車で走るのも苦労します。食品等、重たい荷物の時は負担となります。特に高齢になってくると限界もあり、どんなに賃貸住宅が良い住まいでも買い物や通勤に負担となる場合、体の負担のかかりやすい点が辛いです。何度も行き来できる平地が一番望ましい環境となってきます。急な坂道が長く続いていると行き来するのが嫌になってくるので、つい外出が億劫となってきます。特に高齢になってくると辛いです。若い方でも荷物が多い時は、不都合を感じる時があります。

賃貸住宅で困っている事は、道路の段差が多く、危険な場所も多い点です。自転車でも危険な場所の多く、道路の段差を少なくして欲しいと思います。徒歩にしてもかなりつらい状況となってきます。ウォーキング等、段差があると危険です。キャリカー等利用している時も非常に移動しにくい点があります。加齢になってくると道路整備できてないとどんなに住宅が良くても買い物や通勤、通学に支障が出るというデメリットがあり、妥協できない点でもあります。又、通勤、通学経路に於いて、安全に通勤、通学できるように道路整備してほしいと思います。

PICK UP!