今現在住んでいる賃貸は眺めがとても良いです

賃貸で現在の住まいはキッチンと居室の間に扉がある

フロアを開放的に使おうと思えば、壁や扉をすべて取り払えばよいのでしょう。ある会社などでも、すべての事業所の壁などを取り払って、見渡せるようにしたそうです。実際は良くない点もあるとは思いますが、普通なら仕切りをつけるところですから、変化を持たせることができるかもしれません。一般の住宅においても、仕切りがあると使いやすい場合と、仕切りを取り払ったほうが良いことがあります。壁の仕切りになると簡単にはつけたり外したりできません。

現在住んでいる賃貸物件は、決して広くありません。1Kと呼ばれる間取りになっています。玄関を入るとキッチンのスペースがあり、その向こうにくつろぐための居室があります。こちらが良いと思ったのは、キッチンスペースと居室の間に壁と扉があることです。たまたま同じような間取りの物件を事前に見ていました。そちらは1Rとあり、見た目の広さや間取りはほとんど同じです。でもそちらはキッチンと居室部分が一体化していました。

扉があるお陰で、玄関から居室が見えないようになっています。あまり整理するのが苦手なので、居室は散らかし気味になっています。それを見られるのが嫌だったのですが、こちらであれば扉を閉めておけば見られません。

PICK UP!

お薦めサイト